ゴーヤー料理を自宅で作る場合、苦味を取り除くと食べやすくなります。ビタミンやミネラルなど豊富な食べ物です。

ゴーヤー料理について。

ENTRY

ゴーヤー料理について。

ゴーヤー料理について。 沖縄に行くとゴーヤー料理をよく見かけます。沖縄以外でもスーパーで売られているので自宅で購入し作ることが出来ます。ゴーヤーを購入する場合は、表面の緑色が濃く、いぼがつぶれていないものを選んだら良いです。ゴーヤーは、ビタミンC、カリウム、植物繊維が豊富です。とくにビタミンCの含有量はトップクラスで、シミのもととなるメラニン色素の生成を抑える効果があるので、夏の肌の味方です。苦み成分であるモルデシンは胃液の分泌を促して、食欲をアップさせる効果があると言われています。

有名な料理は、やはりゴーチャンプルーですが他にも、かつお節をかけたおひたし、天ぷらやフライ、肉詰めなど色々あります。せっかくのビタミンやミネラルを効率よくとるには、あまり加熱しすぎず、シンプルに料理するのが一番です。かつお節や昆布など、うまみがあるものと組み合わせば苦味が和らぎます。苦味をとるには、塩でもんだり、水でさらすなどの方法もありますが、さっと茹でても苦味が和らぎます。沸騰したお湯に薄切りにしたゴーヤーを入れ、20秒ほどでざるに上げて、氷水で冷やす方法もあります。この場合、ゆですぎず氷水で急速に冷やし、歯ごたえを残すのがおいしく茹でるコツです。

Copyright (C)2016ゴーヤー料理について。.All rights reserved.